About FRC

FRCってどんなところ?

Map

FRCはどこにある?

Hours&Pricing

コースオープン日時と利用料金

2014年1月29日水曜日

タミヤの新型4WD TRF503デビュー?

タミヤから新型4WDであるTRF503が、近く発表される模様です。
503というネーミングですが、ベルトドライブのようなのでTRF511の正統後継機という雰囲気です。

スペックは以下のとおり。

  •     Aluminium Lower deck
  •     Floating servo mount
  •     Aluminium centre pulley
  •     Gear Diff's front and rear
  •     W/O universals front and rear
  •     Big bore shocks
  •     Refined balance for modern life packs
  •     Inline motor for better balance (5mm closer), 10.5 mm forward
  •     Redesigned bulkheads including link adjustments
  •     Includes brass weights to adjust balance
Aluminium Lower deck(アルミシャーシ)が気になります。

【関連リンク】The RC RACER



2014年1月25日土曜日

TLR22-4ボディで遊ぼう!

衝撃の事実!
TLR22-4のボディは、ご先祖様であるXX4に搭載可能だった!
全く違和感無し。XX4の方が若干ホイールベースが短いのですが、しっくりきてます。

ボディの穴位置も遠からず。穴1つ分の差です。

唯一残念なのが、TLR22-4の独創的なリアダンパーステー形状に合わせたリア部分が少し開口してしまうところ。

フロントのベロがやや細身ですが、実用上の不都合は特にないと思います。

XX4のシンボルマークのひとつとも言えるスリッパ調整ナット部分。
この穴もデフォルトで開けられていますが、ご覧の通りの絶妙な収まり。

逆もまた真なり。
22-4にXX4ボディを搭載できました。
加工箇所は1点。フロントのベロ部分を細くカットするだけ。


XX4を眠らせている方、これを機に22-4っぽく再デビューさせてみてはいかが?






2014年1月23日木曜日

TLR22-4製作記

TLRファン待望の新型4WD、TLR22-4がいよいよ発売されました。
FRCきってのTLRファン・兄貴も早速購入して組み立て。その詳細をブログにアップしています。
TLRマニア視点のレポートは参考になるところが多数あります。ぜひ御覧ください。

http://ameblo.jp/kengs-tlr-22/entry-11752790710.html

http://ameblo.jp/kengs-tlr-22/entry-11752844594.html

http://ameblo.jp/kengs-tlr-22/entry-11752962996.html

http://ameblo.jp/kengs-tlr-22/entry-11753057274.html

http://ameblo.jp/kengs-tlr-22/entry-11753300246.html

http://ameblo.jp/kengs-tlr-22/entry-11753431248.html

2014年1月20日月曜日

RB6 RTRを捉えた!

近く発売予定となっている、京商RB6のRTR。こちら某所でプロダクションモデルを極秘取材することに成功しました。

 ワールドチャンピオンマシン、RB6の遺伝子を受け継いだこのマシン、ボディはRB6の純正のものと同一とのこと。プリントボディなケンブロックを彷彿させる感じで、非常にカッコいいです。

 ボディを取るとこんな感じ。
RTRモデルはリアモーター仕様となっています。パーツを買い足すことでミッドシップ仕様へのコンバートも可能だそうです。

 シャーシはアルミ製。ブラックとなっています。
前部の穴がいくつか空いています。通常サイズのバッテリーからショートリポまで対応できそうです。



付属のESC。配線の取り回しはキレイに行われているのも高ポイント。モーターへのコードが全て黒など、配線の色にこだわるドライバーにも歓迎されるでしょう。


モーターはセンサーレスタイプ。2700KVということで、19.5Tほどの出力となるそうです。既にお気付きかとは思いますが、ESC・モーターのパワーソースはORION製となっています。

ダンパーは全て樹脂ですが、Oリング交換が可能になっており、定期的なメンテナンスを行えるとのこと。写真では分かりづらいですが、ダンパーキャップの部分にエア抜き用の穴があります。これまでの同社のダンパーとは少々異なる組み方、ダンパー上部からオイルを抜く方式でエアレーションダンパーにできそうです。


この他、タイヤは新設計のもので、触った感じのコンパウンドは比較的柔らかめで、このままサーキットに持ち込んでも特に違和感なくコースを周回できそうな印象。

樹脂を多用しコストダウンを図っているものの、基本的なコンポーネンツはRB6と同一なので、良く走りそうな気配たっぷり。このマシンでいきなりレースに出てもなんら問題なさそうです。
都合に合わせてオプションパーツや強化部品を組み込むという楽しみ方もできますので、このマシンで少しずつステップアップして行くの最適と言えるでしょう。
また、上級者のセカンドマシンとしてもうってつけ。
幅広いユーザーが楽しめることは間違いなさそうです。


2014年1月15日水曜日

2014 FRC Monthly Race 1st

1月12日、2014年度FRC月例レース第1戦を開催しました。
当日は20名以上のエントリーがあり、2014年度一発目に相応しい盛り上がりとなりました。


朝は霜の影響でかなりウエットコンディションだったものの、正午過ぎからは路面コンディションが回復し、随所でアツいバトルが繰り広げられました。


午前中はボウタイなどピンの高いタイヤが好感触だったようですが、時間の経過、路面コンディションの向上により、ホールショットなどのミニピン系のタイヤがマッチしていたようです。



ストレートエンドを含め、各所にあるギャップがレース展開をより白熱させました。路面が荒れがちなこの時期、いかに素早くギャップ攻略をできるかが、レースの結果に結びつく印象です。





 2WDTOP3の皆さん

4WDTOP3の皆さん

FRC名物、ベストラップを出した選手に贈られる「旭ポンズ」。今の時期、鍋のお供にピッタリです! なかなか入手できない逸品。ぜひFRCでベストラップを叩き出してお持ち帰り下さい(笑)。


第2戦は2月9日開催予定です。
皆さんのご参加、心よりお待ち申し上げます!

2014年1月9日木曜日

TLR22-4登場前のテンションUP動画

目前に登場を控えた、TLRの4WDマシン「TLR22-4」。


TLR率の高いFRCでは相当テンションが上がっていますが、今回はさらにアガりまくる動画をご紹介。

さて、FRCには何台このマシンが走る!?

公式の最新動画
Team Losi Racing 22-4 Buggy Race Kit


その他の走行動画








2014年1月1日水曜日

神奈川に室内EPオフロードサーキットOPENの模様

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて、2014年最初の記事は、非常に縁起の良い話題から。

RC PARK GOJOオーナー氏のブログに「国内最大規模、屋内EPバギーコース製作中」という記事がアップされています。
神奈川県のどこかは明記されていませんが、広大なインドアサーキットが近いうちにオープンする模様です。

オフロードのみならず、オンロードサーキットも併設とのこと。

これを機にさらにEPオフロードが盛り上がりそうな1年になりそうです。

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More