About FRC

FRCってどんなところ?

Map

FRCはどこにある?

Hours&Pricing

コースオープン日時と利用料金

2013年11月27日水曜日

2駆祭開催!

11月24日、かねてからの予告通り、2WDだけのレース「2駆祭」を開催しました。



当日は好天に恵まれ、ストック・モデファイの2クラス共に高グリップ路面でのレースとなりました。

今回のトピックスは、ストッククラスをリーディー方式で行ったこと。

毎回決勝さながらのレースで、大いに盛り上がりました。

ストッククラス TOP3


モデファイクラス TOP3


ご覧のような感じで、あくまでも「祭」。いつもの月例レース以上にほのぼのムードで行っています。

年内の開催は未定ですがまた開催する予定です。

その際はまたこちらやtwitterで告知しますので、皆さんのご参加お待ちしております!!

2013年11月21日木曜日

TLR 22-4の詳細が明らかに

TLR製品の国内総代理店、TRESREYのHP内にてTLRの新型4WDマシン「TLR 22-4(トゥエンティートゥーフォー)」の情報が公開されました。

http://www.tresrey.com/losi/TLR03005.html

さて、FRCでは何台このマシンが走行するのでしょうか?

2013年11月20日水曜日

2駆祭はこのタイヤ…!?

来たる11月24日の2駆祭の追加情報です。

【コースオープン】
9時にコースオープン、11時からレース開始します。
パソコンへの入力作業がありますので、参加希望の方はできるだけ10時にはお越しいただいて、エントリーしていただけると幸いです。

【エントリー】
当日、会場にて。

【エントリー費】
1500円(2クラスでも同一金額)

さて、業務連絡はこの辺にして、これからが本題。
今回はFRC代表に当日グリップしそうなタイヤを聞いてみましたので、それのご報告を。参加予定の方はぜひ参考にしてください。

霜柱が降りなかった時はこの辺がオススメ。

前後共にこのパンサー(クレイコンパウンド)がオススメとのこと。
ちなみに、インナーはスポンジが良いそうです。


最近のFRCはギャップが増えてきているので…

これやパドルタイプをフロントに装着することにより、引っかかりを低減させられるそうです。


運悪く霜柱が立って路面が悪くなった場合は…

定番中の定番、ホールショット。

そしてこちら、TAZERなんかも悪くないようです。


HBのピンクコンパウンドのタイヤもなかなか高グリップするそうです。

タイヤの縛りはありませんので、お好きなタイヤを使ってエンジョイして下さい!




2013年11月19日火曜日

24日だけど…2駆(29)祭

来る11月24日、「24日だけど2駆祭」を開催します。 前回好評だった2WDストックマシンのレースを、いつもの月例レースとは一味違う雰囲気で行います。 【開催クラス】 2WDストックと2WDモデファイの2クラスのみ。 【レギュレーション】 ストッククラスは17.5だけではなく、15.5や13.5でもOK。 17.5以外は進角調整「不可」です。 また、前回のストック1位の方は100g、2位の方は75g、3位の方は50g、バッテリーの上にウェイトを搭載して頂きます。 前回は上手いこと「29」日に開催できたのですが、今回は24日ということで、タイトルのような名前にしてみました。 いつも以上にユルめなレースとなりますので、練習がてらぜひ遊びに来て下さい。

2013年11月15日金曜日

4PLSにエクステ

ハイエンドモデルとローエンドモデルの中間、FUTABAのプロポ「4PLS」に装着するエクステンションが登場する模様。

http://www.redrc.net/2013/11/grid-rc-4pls-drop-down-steering-wheel/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+RedRc2+%28Red+RC+-+RC+Car+News+DF%29

プロポのエクステンションと言えばハイエンドの特権でしたが、これによりプロポ選びの選択肢を増やせそうです。

2013年11月14日木曜日

アソシ B5 いよいよ登場か?

RCサイト「area52」にて「Team Associated B5 in the making!」というニュースが公開されています。

http://www.area52.cc/news/4406-team-associated-b5-in-the-making.html

Team Associatedの次期2WDはリアモーターの「RC10B5 Team Kit」とミッドシップの「RC10B5M Factory Team Kit」になるのか?

本文をGoogle翻訳にかけてみると、以下の様になりました。

<ここから>
今朝私たちのコンピュータに切り替えたときに私たちの電子メールの受信トレイは、私たちに多くの噂のAE B5バギーの今後のリリースを検証するためのものです下のスクリーンショットを示す電子メールが殺到した。

 チーム関連は現在、いくつかの時間のためのエイジングB4プラットフォームのフォローアップモデルで作業されることを意図しているが、誰も前に、 ​​1つを見ていないが、チーム関連のラインアップキットを示す画面のグラブは、最新TC6の一部であることを意味していた.2マニュアル。

 マニュアルPDFの迅速なダウンロードが間違ったこの噂を対策済みですが、様々なFacebookやRCTechのコメントによるとマニュアルはその間に改正された。

これは、画面のグラブがフォトショップされているかまたはAEは、問題の製品の存在を否定して急いで修正して大声で続いて他のウェブサイト上でからかいの製品"アップルの方法を"起こっているという結論につながる可能性があります。

それにもかかわらず、今のところ我々はRC10B5チームキット(おそらくクラブレーサーリアモーターバリアント)とRC10B5Mファクトリーチームキット(ミッド、リアモーターを実行するオプションを使用して本格的なミッドモーターレースバージョンは?)公衆を作ると信じている外観遅かれ早かれ!
<ここまで>

どうやらTC6.2のマニュアルにRC10 B5の記載があった(Photoshopで加工されたものである可能性もある?)ようですが、それを慌ててアソシが修正した、ということでしょうか?

いずれにせよ、そう遠くない未来に「B5」が登場するものと見て間違いなさそうです。

ビッグボアショックの作り方

neobuggyにてTeam Durangoが公開した、ビッグボアショックの作り方動画が紹介されています。

動画はコチラ

英語の長い解説はなく、文字だけでスッキリと説明している点がいいですね。



Durangoマシンのみならず、他社のビッグボアを作成する際の参考にもなりそうです。

2013年11月13日水曜日

FRC月例レースの雰囲気

先日紹介したAOCの動画に触発され、FRCの動画も作ってみました。



なかなか難しいですが、作るのはとても面白いので継続して動画作成を行っていこうと思います。

近日中にさらにインパクトのある動画をお届けする予定なので、お楽しみに!

2013 Monthly 11th Race

先月は悪天候のため中止となったので、2ヶ月ぶりとなるFRC月例レースが11月10日開催されました。



今回も多種多様なクルマがエントリー。相変わらずのTLR率の高さです。



当日は前日の雨、そして曇りがちな天候ゆえ、かなりのハイグリップ路面でいつも以上にハイスピードバトルが繰り広げられました。

2WD TOP3


4WD優勝の黄レンジャー選手


皆さま、今回もご参加いただき誠にありがとうございます。
また来月も奮ってご参加下さい。

決勝結果はコチラ

写真はコチラ
その2
その3
その4
その5
その6

2013年11月5日火曜日

2013 Asia Offroad Championship開催

11月2〜3日、谷田部アリーナにて2013 Asia Offroad Championshipが開催されました。

当日の模様のダイジェスト動画が非常にカッコ良い!





RedRCでも取り上げられました。

http://www.redrc.net/2013/11/ido-kobayashi-win-at-asia-offroad-championships/#more-73463

http://www.redrc.net/2013/11/akimoto-ootsuka-win-4wd-at-asia-offroad-champs/#more-73477
今回の注目は、2WD、4WD共にストッククラスが開催されたこと。
しかし、まだ馴染みの薄いカテゴリーということもあり、2WDストックのエントリーが20名、4WDクラスが10名と少々寂しい印象。

まだまだ始まったばかりのこのカテゴリー、来年もAsia Offroad Championshipは開催されるとのことなので、更なる盛り上がりに期待したいところ。

なお、FRCでは来る11/23に「2WD祭り」と称し、ストック・モデファイ2クラスのレースを予定しています。

詳細は追って発表しますので、こちらもお楽しみに!

2013年11月2日土曜日

パソコンでもビッグエアー!

VRCのGPオフ版がテストされているようです。

かなりリアルな動きです。

もちろんビッグエアーも!


登場したら快適な室内でエンジンバギーを楽しめるようになる…のですが、PCのスペックはそれなりのものが要求されそうなので、まずはパソコンから用意…ということになる場合も。

こちらで実際の動きを確認できます。


2013年11月1日金曜日

リポ販売価格高騰

ヨコモのHPに定期的に掲載される「Weekly」出荷情報を見てビックリ!
リポバッテリーの販売価格が軒並み上昇ししそうです。
これまでリーズナブルな設定で、多くのユーザーに愛用されていたヨコモのリポバッテリーだけに、この価格はちょっとショック。

リポ新調を考えているならば、店頭在庫がある今のうちがチャンス…か!?

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More